ご依頼の流れ

案件ごとや相談内容によって、ご相談のタイミングが異なってきますが、早期解決のためには、早いタイミングでのご相談をおすすめしております。下記記載例は、一般的なご依頼までの流れとなっていますので、予めご了承ください。

ご相談のご予約(お電話)
ご相談の前に、事前のご予約をお願いします。ご相談のご予約の際には、お名前、ご連絡先、ご相談内容の概要、相手方のいるご相談の場合には相手方のお名前などをお聞きします。
弁護士とのご相談(当事務所へのご来所)
なお、ご相談をお受けできない場合(※1)もありますので、予めご了承ください。ご相談の日時が決まりましたら、必要資料(※2)をご用意のうえ、当事務所までご来所ください。
ご契約(受任)
ご相談の際には、解決に向けた今後の方針、弁護士費用の目安などについても丁寧にご説明します。ご相談の際に提示させていただく解決への方針、弁護士費用の目安などにご納得いただけましたら、ご契約をいただきます。契約書や委任状等の書類を作成させていただきますので、ご記入・ご捺印をお願いします。

※1.法律相談をお受けできない場合

  • ご希望の日時と当事務所で設定できる相談日時とが調整できない場合
  • 相談内容が公序良俗に反する内容である場合
  • 当事務所の既存の依頼者などが相手方や相手方の関係者となっている紛争についての相談
  • 反社会的勢力からのご相談・ご依頼は一切お受けしておりません

※2.必要資料

あらかじめ、質問事項やトラブルの経過や要点をまとめたメモを作成していただきますと、相談時間を有効に活用できます。
また、ご相談内容に関係する資料(契約書、請求書、交通事故証明書、診断書、戸籍謄本、遺言書、財産に関する資料など)がございましたら、全てご持参ください。詳細はご予約いただいた際にご案内します。

コメントは受け付けていません。