Q.生命保険金と相続放棄について

 兄が先般死亡し、妹の私が唯一の相続人です。兄には格別の遺産がなく、相当の借金があったので相続放棄の手続きをしようかと考えています。しかし他方で、兄は私を受取人とした生命保険に加入していました。借金については相続放棄をして、生命保険金だけを受け取ることが認められますか。

A.

(生命保険金は受け取れる)

 質問は、兄の借金は相続せずに、生命保険金だけを受け取りたいとの内容で、こんな自分勝手なことが認められる筈はないと考えるかも知れません。
 しかし、受取人をあなたとした生命保険金は兄の遺産ではないので、相続放棄の対象とされず、あなたは相続放棄をしても生命保険金を取得できます。
その理由と相続放棄の手続きを以下に述べます。

(相続放棄とその手続き)

 相続放棄は、被相続人の遺産のすべて(プラス財産とマイナス財産の双方)を相続しないことです。相続放棄は亡くなった被相続人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所に申立をして申述する手続きが必要です。この手続きをすると、最初から相続人でないことになります。(家庭裁判所に申し立てずに、何の遺産も相続しない場合を「相続放棄」ということがありますが、これは正式の相続放棄でなく、債権者等第三者に対する効力はありません。)
 この相続放棄をする期間は、原則として相続開始から3ヶ月以内とされていますが、債務の調査等のために時間がかかるときには、家庭裁判所にこの期間の伸長を申し立てることができます。
 相続放棄の手続きをする前に、被相続人の現金や預貯金等を使ったりすると、相続放棄は認められなくなりますのでご注意下さい。

(生命保険契約の性格)

 生命保険契約は、保険契約者が保険会社との間で、死亡などの場合に保険金を指定した受取人に支払うことを約束する第三者のためにする契約です。このため、支払われる保険金は、死亡した被保険者の遺産ではなく、契約によって保険会社から支払われるもので、遺産とは別の性格のものです。このため、遺産について相続放棄の手続きをしても、保険金は受け取ることができるのです。
 したがって、質問の場合には、あなたは、所定の期間内に家庭裁判所に相続放棄の手続きをとり、他方で保険会社に保険金の請求をしたらよいでしょう。

(受取人が被相続人本人の場合)

 質問の場合は兄と妹だけのようですので、保険金の受取人が兄本人とされていることは少ないかも知れませんが、保険金受取人が被相続人本人名義の時には、保険金は被相続人の遺産とされます。この場合には、相続放棄の手続きをとると保険金を受け取れなくなりますので、借金の内容と保険金の双方を検討して、相続放棄をするかしないかを検討したらよいでしょう
 いずれにしても、生命保険の受取人名義が誰になっているかは、日頃からよく確認しておくことが大切です。